[ALSとの共存]ケアマネージャーに丸投げ?

スポンサードリンク

私は昨年秋、障害者手帳が交付された時にケアマネージャーさんをつけてもらいました。
元々は保健所の難病担当の方から難病を担当したことがある事業所を紹介してもらったのが始まりです。
妻が電話相談をしたらすぐに来ていただき私の状態を確認して今後の方針を決めていただきました。
現在私が利用している福祉サービスもケアマネージャーさんが調べて教えてくれたものです。
ほんとケアマネージャーさんはこの分野のスペシャリストだと思いました。

先日ケアマネージャーさんに聞きたいことがありメールをしてみました。
①ヘルパーの利用について
前々から利用しようと思ってたんですが介護保険がまだ使えないので悩んでいました。
その点も踏まえて色々聞いてみたら丁寧に教えていただきました。
前向きに考えていきたいと思います。

②Orihime eye導入について
ALS患者の為に作られた意思伝達装置ですが、将来使うだろうし早めに慣れたいなという考えがあり相談をしました。
因みにOrihimeを紹介してくれたのもケアマネージャーさんです。
いろいろ調べてもらいましたが少し面倒なようです。
主治医の意見書や訓練も必要みたいです。
これはもうしばらくかかりそうですね。

③車いすでの歯の治療
こんな事自分で聞けと思われそうですが(笑)調べていただきました。
ただ私の場合は虫歯の治療ではなく銀歯を取らないといけない事案なので…
車いすからの移動がネックですね。
これは早めに実行したいですね。

ケアマネージャーさんは何でも相談できるパートナーと言えます。
私は些細なことでも丸投げしようと思います。
一人で考えても家族で考えても素人では何も結論が出ません。
今後の生活向上の為にも。

------------------------------
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
今後のモチベーションアップにつながるのでよかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 筋萎縮性側索硬化症へ

他の難病と戦ってる仲間達のブログも見れますよ。
------------------------------
スポンサードリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク