[ALSとの共存]ケアマネージャー来訪

スポンサードリンク

先日ケアマネージャーにメールをしたところ、早速家に来られました。
昨日来た訪問看護の人も交えて今後の方針を話し合いました。

まずは連日語っているヘルパーの件についてですが、ケアマネージャーにこういう要望をしていました。

①寝たきりの難病患者を扱っている
②痰の吸引が出来る

この二つを要望しました。
①は私と似たような人を扱っていたら安心できるかなと。
②は将来的なものを考えて。
その結果マッチする事業所があった為お願いすることになりました。
介助内容は食事とトイレ。時間はお試しという事で日曜朝一時間になりました。
これでうまくいくようなら時間を増やしていこうかと。

もう一つは昨日日記に書いた意思伝達装置。
市役所の補助を受けるには医療機関での訓練が必要で、それをどうするかという話に。
結果数日入院したほうが良いのかなと思いました。
外来でも可能らしいけど大変だからなあ。

私は障害福祉サービスの区分が最高の6です。
6の人は家族のみでは難しいと言われました。
使用可能なサービスは使って行きましょうとのことでした。
第三者から言われると説得力がありますね。
母親も理解してくれるといいんですがね…

------------------------------
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
今後のモチベーションアップにつながるのでよかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 筋萎縮性側索硬化症へ

他の難病と戦ってる仲間達のブログも見れますよ。
------------------------------
スポンサードリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク