[意思伝達]伝の心起動してみた

スポンサードリンク

先日日記で話していた意思伝達装置の伝の心がセッティング完了しました。
ALS協会からはデスクトップパソコンとノートパソコンを借りていましたが、伝の心はノートパソコンでした。
早速操作方法を教えてもらう。
操作方法はスイッチを押すタイプで、画面を見ながら押していきます。
選択画面は自動で移動していて、行を選んだ後に列を選びます。
文字盤も同様に選択しますが、「が」や「っ」を選びたい場合はさらに選択肢が現れます。
自分で打った文字は読み上げる事が出来ます。
日常使用文いう日ごろ使いそうな言葉はあらかじめ登録しておく事が出来ます。
いちいち入力しなくて済むのでスピーディーに会話が可能です。
将来体の動きが悪くなった時にこちらの方がメインになるでしょう。
この他伝の心では文章作成、メール、リモコン、呼音機能もあり、意思伝達機能をサポートしています。

さてこの伝の心ですがパソコンに慣れていると少々使いにくいかもしれません。
文字打つのが遅いのでまだ手が動く方は必要ないかも。
あとは伝の心を購入しようと思うと非常に高額です。
ケアマネージャーさんに相談して補助が下りるか確認しましょう。

意思伝達装置は言葉を失った時の非常に有効なコミュニケーションツールです。
ぜひ導入して家族やヘルパーとの意思確認をしましょう。
自分の為にも。

------------------------------
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
今後のモチベーションアップにつながるのでよかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 筋萎縮性側索硬化症へ

他の難病と戦ってる仲間達のブログも見れますよ。
------------------------------
スポンサードリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク