[考察]ALSの鍼治療について

スポンサードリンク

筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患って二年半になりました。

その間様々な治療を行ってきましたが、特に効果があったと思うのは鍼治療ですね。

それもただの鍼では無くて、電気鍼というものです。

2015年8月から2016年1月まで週一回、車で一時間ほどかかる難病に対応してくれる鍼灸院に通っていました。

その際にこの治療をしていましたが、進行はかなりゆっくり、もしくは改善の兆候もありました。

しかしこの鍼灸院が閉院し治療を受けなくなった途端に進行が進み、慌てて違う電気鍼が出来る鍼灸院に通いましたが、進行が遅くなりつつも前の時ほど効果はなく、現在に至ります。

最初と次。同じ電気鍼治療。何が違うのだろうと最近まで悩んでました。

そしていつも拝見させてもらっているブログにこんなことが書いてありました。

以前タカダイオンの社長に施術してもらったケアですが、あそこまで本格的なものでなくても、頭部に電子鍼で刺激を与えることで、タカダイオンの効果は高くなります。

※デイトレードネットCoolに過ごそうより

http://www.daytradenet.com/Cool/archives/2017/12/130606.php

そう、頭!最初は頭のてっぺんに少し太めの鍼を刺して刺激を与えていました。

上のブログにも書いてましたが、頭部にすべての臓器のツボがあるため、刺激することで体の持つ抵抗力を上げることが可能とか。

難病に詳しい鍼灸院のホームページを見ても、頭部に鍼を刺して電気刺激を与えているようです。

自宅で家族にお願いしてやってもらおうかな。とか思ったけど忙しくて無理そう。

タカダイオンもイオンパンチという局所治療のやつがあるけど、刺激無いしなぁ。

悩む。

------------------------------
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
今後のモチベーションアップにつながるのでよかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 筋萎縮性側索硬化症へ

他の難病と戦ってる仲間達のブログも見れますよ。
------------------------------
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク